長崎の建設会社玉木建設のオフィシャルブログ

不動産を取得したとき~Part5~

こんにちはhappy01 あっこですheart

今日は贈与税について説明していきます!!!

《住宅取得等資金の贈与を受けたとき》

贈与税とは??

故人から現金や不動産といった財産の贈与を受けた場合にかかるのが贈与税です。

特に、時価より著しく低い価格で財産を買った場合や、金銭の支払がないのに不動産の名義を

変更した場合、借金の免除を受けた場合などは、贈与というイメージは薄いですが、税法上、

贈与があったものとみなされ、贈与税がかかりますので注意してください。

 

☆内助の功はマイホームでおかえし!☆

婚姻期間が20年以上の配偶者から居住用不動産8または居住用不動産の取得のための金銭)の

贈与を受けた場合で、贈与を受けた年の翌年の3月15日までに居住し、その後も引き続き居住する

見込みがあるときは、贈与税の配偶者控除といって、2,000万円まで税金がかかりません。

ただし、この制度はその夫婦に対して一度しか適用されません。

 

来週は相続税についてですflair

本日もご安全に~scissors

 

☆★ブログランキング参加中~応援お願いします★☆
↓↓クリック↓↓
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tamaki-grp.com/blog/mt-tb.cgi/119

コメントする