Home » » 在来工法(木造軸組工法)

在来工法(木造軸組工法)

在来工法とは?

玉木建設のファミリエでは日本古来からの伝統的な住宅工法で、別名「軸組工法」と呼ばれる木造住宅建築工法を守り、日本人に合う建物創りを目指しています 木造在来工法(木造軸組工法)とは、柱と梁と呼ばれる木材を使用し、住宅の骨組みを組み上げていく工法です。 この工法は、地震や台風などの自然災害にも立ち向かえる、しっかりとした構造で、いまだに人気が集まっています。

在来工法(木造軸組工法)の長所と短所

長所

  • 敷地の携帯に応じて設計の自由度が高い
       ・・・・・間取りの変更が自由にできるね!
  • 間取りやデザイン等の制約が少ない
       ・・・・・家族税院で考えてみよう!
  • 比較的広い開口部の設置が可能
       ・・・・・光が入ってくることによって、暖かく明るい環境が作れるね!
  • 比較的安価で予算に応じた施工が可能
       ・・・・・厳しい予算でも実現可能だよ!
  • 他の工法に比べて増改築が比較的容易
       ・・・・・日本古来の建築手法だからね!
  • 日本の気候風土に合致し、居住性が高い
       ・・・・・一年中快適な居住空間が作れるね!

短所

  • 一部の他の工法に比べて工期が若干長くかか
  • 施工者の腕次第で施工村が起こる場合がある
  • ・・・・・・でもFamilieは地震が有ります! 長年蓄積されたノウハウと職人たちにお任せください!