玉木建設標準プラン

  お引渡しをさせていただきました建物につきまして、下記記載の保証規準・保証約款に基づきまして保証を行います。

Ⅰ.構造躯体に係るもの

  保証項目 保証事項 保証期間 特定免責事項
構造躯体 (1)基礎及び木造構造体(2×4工法では土台・床・壁などをいいます)屋根 構造強度に重要な影響をおよぼす不同沈下・変形・損傷・亀裂。建物全体もしくは各部位の1/100以上の傾斜。 10年 1.コンクリート・木材などの材質的な収縮に起因し、構造上特に支障のない変形・亀裂等。
防水 (2)雨漏り 屋根または外壁・バルコニー(開口部との取合いを含む)より屋内への雨漏り。 10年 1.屋根葺材・外壁仕上げ材等についての維持管理が不十分なもの。
2.台風、突風などの強風時における開口部からの一時的な漏水。
3.建物の使用上支障のない軽微な透水または屋外面の水たまり。

Ⅱ.構造躯体以外のもの(下地・仕上げ・付属部品・設備・外構)

  保証項目 保証事項 保証期間 特定免責事項
基礎工事 (3)基礎仕上げ材 モルタル等仕上げ材の著しい、亀裂・はがれ。 2年 1.巾2㎜以下の構造上影響のない亀裂。
2.凍害に起因する変形、破損。
(4)土間コンクリート 著しい、沈下・亀裂・不陸。
(5)束石 沈下、破損。
木工事 (6)床・壁・天井の下地、および木部仕上げ材 著しい、割れ・そり・ねじれ・傾斜。 2年 1.木材の乾燥収縮に起因し、機能上支障のない、そり・きしみ等。
2.十分な除湿、換気が行なわれないことに起因するもの。
3.水蒸気を多量に発生させた場合の結露に起因するもの。
4.入居者の重量物設置(重量照明器具を含む)に起因するもの。
5.浸水に起因するもの。
(7)内部造作 著しい、浮き・はがれ・そり・不陸割れ・さがり。
(8)外部木質系造作 著しい、そり・ねじれ。
(9)階段 著しい、そり・さがり。
屋根樋工事 (10)屋根および庇 屋根葺材および水切り・雨押等役物の著しい、ずれ・浮き。
しっくい・継手のはがれ・腐食。
2年 1.積雪に起因するもの。
2.枯葉などのつまりによるもの。
(11)樋 著しい、変形・破損・はがれ。
排水不良・取付不良。
外装工事 (12)外壁仕上げ・軒裏仕上げ 著しい、亀裂・変形・はがれ・たわみ。 2年 1.巾2㎜以下の亀裂。
2.タイル目地の微細なひび割れ。
3.軽微な透水。
4.白華。
5.歩行部分、駐車部分。
緩勾配による軽微な水たまり。
(13)外部吹付・塗装 著しい、変形・はがれ。
(14)外部床仕上げ ポーチ・テラス等の土間仕上げ材の著しい、変形・さがり・破損。
(15)バルコニー 仕上げ材の浮き、はがれ、亀裂。
(16)外部飾り 破損、取付不調(がたつき)。
内装工事 (17)内部壁・柱取合 亀裂、すき。 2年 1.巾2㎜以下の亀裂・すき。
2.雨漏り・透水による軽微なシミ。
3.タイル目地の微少なひび割れ。
(18)内装仕上げ材 著しい、浮き・はがれ。
(19)内部塗装 著しい、はがれ。
(20)内部タイル 著しい、浮き・はがれ・割れ。

構造躯体以外のもの

保証項目 保証事項 保証
期間
特定免責事項
建具工事 (21)外部建具 著しい変形。取付不良、施錠不良。 2年 1.施錠可能な建具の1/200以下のそり。
2.ガラス、網の破損。
(22)内部建具 著しい変形・作動不良。取付不調。 2年 1.作動に支障のない1/200以下のそり。
2.ガラス、襖紙・障子紙の破損。
設備工事 (23)給排気設備 換気扇・換気口・レンジフードの作動不良・取付不調。 2年  
(24)電気設備 配管・配線 接続不良。  
器具・機器 作動不良、取付不調。 電池・電球等の消耗品。
(25)ガス設備 配管・ガス栓 接続不良、取付不調。  
調理機器 取付不調、作動不良。 1.消耗品。
給湯器 2.凍結によるもの。
(26)給排水設備 給排水管 水漏れ。 1.凍結に起因するもの。
2.異物などのつまりによるもの。
3.パッキン等の消耗品。
水栓・器具 接続不良。
厨房機器 水漏れ。 1.異物などのつまりによるもの。
2.凍結によるもの。
衛生機器 作動不良、取付不調。
浴室・洗面    
浄化槽 ひび割れ、腐食による漏水。
作動不良、不同沈下による機能不全。
異物あるいは薬品に起因するもの。
外構 (27)門扉・塀 破損、取付不調、作動不良。
仕上げ材の著しい変色、はがれ。
2年 1.モルタル仕上部の巾2㎜以下の亀裂。
2.白華。
(28)植栽 枯れ 1年 日常の管理不十分によるもの。

Ⅲ.防蟻工事

  保証項目 保証事項 保証期間 特定免責事項
防蟻 (29)白アリによる構造体の損傷 ヤマトシロアリ、イエシロアリの発生による蝕害、損傷。 10年 1.防蟻処理工事を実施しないもの。
2.引渡し後土壌の変更を行ったもの、または浸水・崖崩れ等で土 壌の変更があったもの。
3.防蟻処理を施していない箇所および杭、柵、古材、切株等が当該建設に接近していてそれらに起因するもの。
4.環境の変化などによる予見不可能な白アリの生態変化に起因するもの。

保証約款

第1条 保証の対象および適用
お客様(以下甲という)にお引き渡しをした建物について、保証規準のいずれかに該当する現象が発生した場合は、すみやかに株式会社玉木建設(以下乙という)にお申し出ください。乙が確認し、本保証書に基づきこれを認めた場合、乙の責任で補修を行います。ただし、その現象に対して補修が著しく困難な場合、または損害の程度に比べて過分な費用がかかる場合は、相当の金員の支払いによって、これに代えることができるものとします。

第2条 保証の期間
保証期間は、引渡し日より起算し、各々の保証期間経過日までとします。

第3条 保証の免除
乙は、下記の共通免責事項に掲げる現象、または保証規準に記載する特定免責事項に該当する場合は、保証の責任を負いません。


(共通免責事項)

①専用住宅以外の用途に使用された場合、または継続して3ヶ月以上居住しなかった場合。
②仕上げの傷などについて、軽微なもの、および引渡し時に申し出のなかったもの。
③建物の性質による結露。使用材料・部品・設備の自然特性によるもの、または通常の経年変化に起因する摩 耗・汚れ・退色・変色・カビ・サビ・きしみ、ならびに材質的な収縮等によるもの。
④一般に品質、構造上影響の少ない震動・音等の官能的現象によるもの。
⑤甲または第三者の故意または過失によるもの、若しくは甲の不適切な維持管理に起因するもの。
⑥引渡し後に行われた増改築工事等によるもの、および手入れの不備によるもの。
⑦引渡し後、屋根にベランダ・物干し・水槽等の重量物またはソーラー機器・アンテナ等の取り付けを行い、これに起因するもの。
⑧甲の支給による材料および機器類、またはこれらの施工などに起因するもの。
⑨乙が不適当であると指摘したにもかかわらず、甲の要望により採用した材料・部品・設備・器具・施工方法に起因するもの、および公益事業体などの行う電気・電話・ガス・水道工事に起因するもの。
⑩乙の定める地盤調査、および乙が必要と判断した基礎・地盤の補強工事が、実施されなかった場合の不同沈下に起因するもの。
⑪契約当時の技術水準では予防・予測できなかったと思われる現象、またはこれに起因するもの。
⑫近隣の土木、建築工事および周辺の公害現象、塩害に起因すると思われるもの。
⑬地震・噴火・洪水・津波・台風・暴風雨・豪雨・雪害・落雷・地滑り・崖崩れ・断層等の天災地変等自然現象に起因するもの、または、予測できない敷地および周辺の地盤・地形の変動ならびに沈下等、環境の変化によるもの。
⑭火災等不可抗力によるもの。
⑮犬・猫・鳥・ネズミ・ゴキブリ・ヒラタキクイムシ・ダニ類等小動物の害に起因するもの。ただし、白アリの損害については、保証期間内に限り300万円を程度として責任を負います。
⑯発生した瑕疵に起因する損害であっても、2次被害と判断されるもの。
⑰電化製品・住宅設備機器等、メーカー保証のあるものは、その保証内容・期間を超える場合。

第4条 定期点検の実施
乙は、建物の引き渡し後1ヶ月・1年・2年・5年・10年目に、定期点検を実施するものとします。

第5条 保証の承継
甲が第三者に譲渡した場合、本保証は失効するものとします。ただし、譲受人が甲の配偶者または、二親等以内の親族で、譲受後3ヶ月以内に乙に通知した場合は、この限りではありません。この場合、本保証書に定める保証期間の残余に限り有効とします。