テクノストラクチャー

テクノストラクチャーとは

信頼と技術、やさしさを理念に、
お客様の視線ずっと長く安心して住める、
地震に強い住まいを実現するテクノストラクチャー工法

地域ごとの自然条件・設計条件にも、より厳しい独自の基準で設計対応いたします。

地 震

すべての地域で
地震地域係数1.0位上の設計

地震の危険性は地域によって異なるため、「地震地域係数」が設定されています。係数が低い地域でも、条件を緩和せず厳しく構造設計を行っています。

積 雪

地域ごとの積雪時の
地震発生を想定した耐雪設計

地域ごとの積雪量を考慮し、積雪時に地震が発生した場合にも耐えられる条件で構造設計を行っています。

耐力壁

基準よりも厳しい条件で
耐力壁の配置バランスを算定

地震などの水平方向の力を受け止めて建物を支える耐力壁。テクノストラクチャーでは、基準以上の厳しい条件で必要量とバランスを算定しています。

独自の耐震工法、木と鉄を組み合わせた「テクノビーム」を開発。

家の中で最も荷重を受ける梁を強くすることが、家全体の強度を高めるという点に着目し、梁部分に鉄を組み合わせた複合梁「テクノビーム」を開発しました。長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみをおさえ、さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

部材や工法の強さに加え、徹底した「構造計算」を実施。

通常の木造住宅を建てる時にはチェックされない多くの項目も、テクノストラクチャーではしっかりチェック。388項目もの独自の厳しい構造計算で、建てる前に地震や台風、積雪などに耐えられるかどうか、すべての家で災害シミュレーションします。
一棟ごとに骨組みのバランスと強さが保たれているかを確認し、構造計算と強い骨組みで、「耐震等級3」の安心を約束します。

テクノストラクチャー工法採用ビルダーである玉木建設が施工します。

「テクノストラクチャーの家」は、パナソニックの施工認定を受けたテクノストラクチャー工法採用ビルダーだけが建設・販売できます。
所定の研修を修了し、認定を受けた施工管理者が現場を管理するのも特長。設計・施工品質の高さはもちろん、法的・資金的な相談に対応できるのも、定期勉強会などにより、最新の情報を入手しているビルダーだからこそできることです。

震度7の揺れを複数回。実物大の住宅による耐震実験。

耐震性能を確認するため、阪神・淡路大震災と同じ揺れを複数回与える実験を実施。 その結果、主要構造体に損傷などは見られず、強度が実証されました。
熊本地震では何度も襲う余震で倒壊した家も多く、繰り返す揺れへの強さに注目が集まっています。
※ 阪神・淡路大震災と同じデータを使い、 壁を揺らすなど、仕様を変えて実施

テクノストラクチャーについてさらに詳しく(外部)